使用頻度が最も多い部類のウィンカーの役割

車で最も使用頻度が高いのは、方向指示器と呼ばれるウィンカーです。

 

その役割は、方向指示器と呼ばれるように、進路を周囲に知らせるためのものです。

 

いきなり車線変更をしては、後続車と接触してしまう可能性があり、大事故になってしまいます。
事故を避けるためにも、後続車に進路を知らせなければいけないのです。アイランド02
進路を知らせなければいけないのは、車線変更のときだけではありません。
左折や右折をするときにも、後続車や対向車に進路を知らせる必要があります。
左折をするときには、ブレーキをかけて減速しながら左折をします。
後続車に左折をすることを知らせずに減速をしては、追突されてしまうことになるでしょう。
左折をすることを後続車に伝えるためにも、ブレーキをかける前に使用しなければいけません。

 

また、左折や右折をするときに点滅させることで、後続車だけではなく通行人にも知らせることができます。
道路上で緊急停車をするときには、左右を点滅させるハザードランプをつけなければいけません
ハザードランプをつけることで、後続車に停車していることを伝えることができます。
ランプを点滅させて進路を周囲に示すだけではなく、さまざまな役割があるのです。

Comments are closed.