ウィンカーレンズの役割

アイランド04車のウィンカーは、車が安全に走るためには無くてはならないものです。ウィンカーを点滅させることによって、右に曲がるのか、それとも左に曲がるのか、周りの車や歩行者に意思を伝えることができます。小さな装置ですが、その役割は非常に大きいものがあります。

 

 

ウィンカーの役割は、左右に曲がるときの合図だけではなく、車線を変更するときの合図、路肩に車を止めるとき合図、発進するときの合図など、いろいろあります。また、感謝の意を表すためにハザードランプで両方のウィンカーを点滅させることもします。ウィンカーを点滅させるタイミングが重要で、早すぎたり遅すぎたりすると、誤解を招いたり、対向車をびっくりさせたりするので注意が必要です。ちなみに交差点では30メートル手前で点滅させるのはルールです。

 

 

ところで、教習所では車に乗り込む前にウィンカーが正しく点滅するかチェックしてから運転するように習ったと思います。しかし、実際にそれを行っている人はほとんどいないことでしょう。もしウィンカーレンズが切れていたら大変な事故にもつながるので、やはり定期的なチェックが大切です。そして切れていることがわかれば、そく新しいレンズに交換するようにしましょう。

Comments are closed.