車の最後尾にある赤色のランプの役割

車両の最後尾にある赤色等は尾灯と言われ、一般にはテールランプと言います。

 
最近の車ではデザイン性や効率化、部品点数を減らす目的で後退灯とウインカーが一体となったコンビネーションランプとなっているものが多いです。
赤色ランプの役割として、後続車に危険を知らせる役割があり、製造の段階で点灯はヘッドライトと連動性を持ち、ブレーキを踏み込むことで光量を明るくさせ、ブレーキングを後続車に促すように他のランプとは違い2配線となり、フィラメントが電球内で2つ存在する専用の球が使われている。

 

アイランド05
最近の新型自動車の場合、これがLEDを採用したものが多く、点灯が早くしかもはっきりと遠くまで後続車への危険を促せるというものが多くなってきました。
LEDの場合、基盤に直接埋め込まれた赤色発光ダイオードがブレーキングやヘッドライト点灯と同時に点灯します。

 
以前との違いは電球は電球色(白黄色)でありランプカバーが赤いプラスチック製であったのが、LEDはそれそのものが赤く光を放つため、よりクリアに見えるためにコンビネーションランプにはクリアレンズが採用されていることが多いです。
LEDにしたことで寿命が延びたのですが、バルブと言われる電球の交換コストが高くなりました。

Comments are closed.