ハザードランプ

ウィンカーの両方が点灯するハザードランプ。

あれは様々なところで使われています。
まず後退するときに使われています。下がっている時にたきますが、最も好ましいのは下がる前からたいたほうがいいです。
特に後続車がいる場合は、未然に追突事故を防ぐことが出来ます。

次に高速道路で渋滞にはまった時に低速運転する時です。
これはよく見かける光景であり、渋滞の最後部の自動車や低速運転中の使用は、意外ではありますが、NEXCOで推奨されている使用方法ですが、大抵の人は知らずのうちに使っています。

続いて駐車や停車するとき。
これは当たり前の光景であり、自動車教習所で習った人は多いかと思います。
でも、好ましいのは駐停車する前からたくのが後続車へのマナーと言えます。

で、これは都市部では当たり前の光景ですが、道を譲ってくれた後続車へお礼の気持ちを込めてたく。
これは自動車教習所で教えてはいませんが、カーコミニュケーションの一つと言えますし、悪い気にはなりません。
ただ、これは前述で上げたように都市部のドライバーが自然的に行っている行為であり、地方都市では全くと言っていいほど見受けられません。

ここで上げたように、使用方法が結構あります。
アイランド03

Comments are closed.